電子タバコの種類と価格について

近年喫煙者の間で高い注目を集めているのが、火を使わない電子タバコです。
フリップモリス社のアイコスやRJレイノルズ社のグローなども電子タバコと呼ばれることがありますが、これらの加熱式タバコは厳密には電子タバコとは異なる製品になります。
今回はリキッドと呼ばれる液体を加熱してタバコフレーバーの水蒸気を吸って楽しむ製品を、電子タバコとしてご紹介したいと思います。

電子タバコが一般のタバコと大きく異なる点は、火を使わないこととタバコの葉を使わないことです。
火を使わないのは加熱式タバコと電子タバコに共通の特徴ですが、さらに電子タバコではタバコの葉を使わないことが大きな特徴となっています。
加熱式タバコでは本体に内蔵されたバッテリーの電力でタバコの葉を加熱してニコチンを含むエアロゾルを発生させますが、電子タバコではリキッドを加熱することで水蒸気を発生させるのです。

電子タバコは「タバコ」という名称で販売されていますが、タバコの葉を使用しない電子タバコは厳密にはタバコではありません。
タバコフレーバーのリキッドを加熱して、発生した水蒸気の風味を楽しむ独自の嗜好品になります。
リキッドの主成分はプロピレングリコールやグリセロールや香料であり、さらにニコチンを添加することも可能です。
ただしニコチンを含むリキッドは日本国内では薬事法により医薬品に該当するため、日本国内ではニコチンを含むリキッドの販売は禁止されています。

タバコの葉を使用せずリキッドにニコチンが含まれない電子タバコは、法律上タバコに該当しないため未成年者でも使用できることになります。
ただし多くの国では未成年者の電子タバコの利用を制限しており、日本でも20歳に満たない未成年者への販売については自主規制が行われています。
ちなみに日本のJTが全国販売を予定しているプルームテックは、構造上は電子タバコと同じものです。
リキッドに相当するタバコカプセルには少量のニコチンが含まれており、販売価格にはタバコ税が賦課されています。

ニコチン入りのリキッドは海外から取り寄せ

現在日本国内で販売されている電子タバコには、主にカートリッジ方式とリキッド注入方式の2種類があります。
カートリッジ方式の場合にはリキッドが注入された専用カートリッジを購入して、これを本体に装着して電子タバコを楽しむことができます。
カートリッジは専用方式のため選択できるフレーバーの種類は限られますし、さらに購入コストも若干割高です。
ただし一方で専用カートリッジは取り扱いが簡便で、使い捨て方式のため本体のメンテナンスの手間を軽減できるというメリットがあります。

一方の注入方式の場合には小さな容器に入った液体状のリキッドを購入して、これを本体に注入して使用します。
リキッド注入方式の電子タバコには汎用性があるため、様々なリキッドの中から自分の好みに応じたリキッドを選んで楽しむことができるのです。
電子タバコ本体とリキッドの組み合わせを、あれこれ試してみるのもよいでしょう。
さらに構造が単純で価格が安いというメリットがありますので、低価格で電子タバコを楽しみたい人やとりあえず電子タバコを試してみたい人には、リキッド注入方式をおすすめします。

さらに注入方式では日本では販売が禁止されているニコチン入りのリキッドを、海外から購入して使用することができます。
ニコチンが含まれないリキッドを使用する電子タバコは健康に及ぼす影響が少ないことが特徴ですが、一方でその味が物足りないと感じる人が多いようです。
ニコチン入りのリキッドは日本では薬事法により販売が禁止されていますが、海外通販であれば合法的に入手することができます。
個人輸入代行サイトを活用すれば誰でも手軽に購入することができますので、気になる人は試してみてください。